« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

タイ旅行-2.5 ワット・プーへ(ラオス)

タイのトゥクトゥクとは違い、ちょっとでかい。

Cimg0187
Cimg0189

自転車で1時間ほどだけど、楽してトゥクトゥクをチャーター。

Imgp0272

世界遺産ワット・プー入り口に着きました〜!
入場料30000キープ(348円)

ここから遺跡までが、また遠い…
日陰がまったくないので、暑い〜。
雨傘を日傘に使う。ちょっと涼しい〜!
直射日光がキツイんだよね。

Cimg0197

道の右はバライ(大きな聖池)
Cimg0194

牛がたくさんいる〜

Cimg0198

暁のテラス
Cimg0204

Cimg0203_2

参道が続く。
参道のわきには石灯籠が並んでいます。

Cimg0223

右側に北宮殿

Cimg0233

お供え物

Cimg0257

Cimg0260


左側の南宮殿は修復中で近寄れません。

Cimg0235

さらに参道が続き

Cimg0264

ナンディン宮殿。ここも近づけません。

Cimg0269

Cimg0267

石段が壊れているので、仮設階段でテラスへ上がる。

Cimg0270

十字テラスからちょこっと参道が見える。

Cimg0275

テラスの先には楼門跡と守門像。

Cimg0276

Cimg0277

急な石段が続きます。

Cimg0293

Cimg0295_2

石段のわきにプルメリアの木があるので、ほのかに香り
ところどころ花が落ちていてます。

プルメリアはラオスで最も親しまれている花で、
プルメリアを国花と定めているのは世界でラオスとニカラグアの2ヵ国
だけだそうです。
和名はインドソケイ。

Cimg0291

石段もレリーフがあったりします。

Cimg0381

ストゥーパのテラス

Cimg0304

ここを上ると、

Cimg0308

頂上の本殿!

Cimg0312

景色もいいです〜♪

Cimg0357

本殿はけっこう小さい。
レリーフもきれいに残っています。

Cimg0320

Cimg0323

Cimg0327

Cimg0340

Cimg0337

本殿の中央部には仏像。

Cimg0331

本殿裏の聖泉

Cimg0350

本殿の周りはマンゴーの実が、たくさん落ちていて
腐ったマンゴー臭い〜
どさっ!っとすごい音がして、マンゴーの実が
落ちてくる。当たっている人がいた!危険…

Cimg0358

本殿の右の方ある石に刻まれたゾウ。
Cimg0368

Cimg0369

Cimg0372

ワニ

Cimg0377

また同じ道を戻り、最後に遺跡展示ホールを見ておわり。

Cimg0387

帰りは、途中の寺院でトゥクトゥクを降りて
散歩しながらホテルへ戻る事に。

Cimg0424

Cimg0416

Cimg0402

お寺に子犬が気持ち良さそうにねてました! 
かわいい〜♪

Cimg0403

Cimg0425


宿に戻って、メコン川を見ながら夕食と思ったら
宿のレストランの川の見えるいい席は予約でいっぱい。
人はまだ来てないけど、団体の予約が入っているようで、
席からの眺めはイマイチ。

いいかんじに夕暮れてきました。

Cimg0455

ビアラオ、10000キープ(116円)

Cimg0439

青いパパイヤのサラダ10000キープ
タイのソムタムに比べて、ちょっと辛いかも。

Cimg0444

ヨー・チュン(揚げ春巻き)15000キープ(174円)
ビールによくあう〜!

Cimg0447

カオ・ニャーオ(もち米)
竹で編んだおひつに入っている。5000キープ(58円)

Cimg0452

ラオカクテル5000キープ
ラオ・ラーオ(米焼酎)にレモンと蜂蜜が入ったカクテル。
喉がもえる〜っ!!
激甘!
アルコール度数が高かった…

Cimg0461

部屋はレストランの隣。
夜のあいだ、団体の客がうるさかったが
つかれがたまって爆睡…
明日は、また早起きしてタイに戻らなくてはならない。
ハードな旅は続く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ旅行-2  ウボン〜チャンパーサック

ついに、タイにも新型インフルエンザ感染者が!
メキシコから帰国したタイ人で、もう回復している
らしいですが、渡航注意が出てしまいました。
デモの後、渡航注意の前で、いい時期旅行できたのかな。


↓旅行記続き〜

今日はラオスに入国して、チャンパーサックへ行き
世界遺産ワット・プーを観光するという、
ハードスケジュールの予定。
なので、朝4時半起き。まだ暗いよ〜。

泊まったホテルが市場の前なので、こんな時間でも
活気があって、けっこうにぎやか。

できればラオスまで行く直行の国際バスに乗れれば
楽なんだけど〜。
昨日、バスでウボンに着いたとき、
バス停できいたところによると、
直行バスは朝9時半発。
情報によると7時のバスがあるはずなんだけど、
変わっちゃったみたい。

9時半発じゃ、遅すぎ〜!
しかたないのでバスをいくつか乗り継いで行く事に。

トゥクトゥクでウボンの北バスターミナルへ。

Cimg0097

Imgp0040

バスでピブン・マサハーンへ。
35バーツ(98円)

Imgp0045

その前にちょっとトイレ↓
3バーツ(8円)

Imgp0043

バスは5時20分くらいに出発〜!
このぶんだと早めにラオスに入国できるかな♪
…と、思っていたら
バスは、しばらく町中を走り、市場で止まってしまった。

Cimg0106

「え?もう着いたの?」
このバスの運転手さん、ちょこっと日本語を話せて
「ワーリン・チャムラープ市場です。しばらく止まります」
って…言うじゃな〜い。
出発は6時半だって。あと、40分後〜!?
せっかく早起きしたのに…ガックリ。


バスが走り出したら50分でビブン着。
ここでソンテオに乗り継ぎ国境のチョンメックへ。
40バーツ(112円)
ソンテウは10分と待たずに出発。

Cimg0113

Cimg0115

ソンテウの中には、コップと水が置いてあって
誰でも自由に飲みことができます。
緑の入れ物の中が水。
コップは洗わず使い回し。
中東あたりだと、素焼きの水瓶なんだけど。

さすがに、この水は飲めないな…。
いくら現地の人が飲んでても、腹壊したらイヤだし…。
肝炎とかなりたくないし。

Cimg0120


40分くらいで、国境チョンメック着。

国境付近のため、途中何度も検問あり。

うぉ?
ソンテウの運転手さん、検問でポリスに
お金渡してる~。いくらわたしてるんだ?

150バーツ(50と100バーツ札)をくるくるっとまるめて
少なくとも2回はポリスに、こっそり150バーツ渡しているのを目撃。

検問の度に渡してる〜。
計4回以上はいくらか渡していたよ〜。
おかげで時間をとられず、スムーズに移動できたけど、
袖の下、一回150バーツ(450円)って
タイの物価からしたら、高くないか〜?

ここから歩いて国境を越えラオスのワンタオへ!

Cimg0122

Cimg0545

道の脇には、店屋が連なっています。

Cimg0124

この建物をめざして歩きます。
イミグレはこの建物ではなくて、脇にあるココ↓

Cimg0551

タイ出国のスタンプを押してもらって、
小道を通って、ラオス入国へ。
↓この写真は、帰りに撮ったものなので
左がラオスからタイ入国。
右がタイからラオスへ。
 
Cimg0543

ここがイミグレ。ラオス入国。
窓口の中に置いてある入国カードをもらって記入。

Cimg0542

パスポートと入国カードを渡すと
「50バーツ」

観光で15日以内の滞在であればビザは不要になったんだけど…。
土日だと手数料取られるらしいけど…
今日は平日だし…
これはポケットマネーになるのか…?

払わないで入国させてくれなかったら困るので、
払いましたよ50バーツ。

両替所でラオスキープに両替。

Cimg0538

さらに歩くとワンタオのソンテウ乗り場。

Cimg0536

ワンタオからパークーセまで15000キープ(174円)。
ソンテウは混み混み〜ッ!!

うわ〜!荷物少なめでよかった〜。
大きなバックパックじゃ絶対無理。

ソンテウはすぐ出発。
混み混み〜!
と思ったら、さらに人が乗ってきた。

ラオスのソンテウはタイと違って
真ん中に狭いベンチシートがあり、
座席が3列になっていて、
ギュウギュウ詰め…。身動きとれません。


あとから乗り込んできた人の中に、
目のとこだけ開いてる青い毛糸のマスクをかぶった人が2人、
黒い毛糸が1人。
うわっ。ちょっと恐〜!
なんで、この暑いのに毛糸のマスク?
小バエが多いから?
砂ぼこり対策?
日よけ?
…ゲリラ?
いや〜ん!よくわからないけど、
こわいから目を合わせるのはやめよう。

しばらくすると毛糸たち御一行は降りて行った〜。

Cimg0127

右手に大きな山。
女性の仰向け姿のような山!

メコン川↓

Cimg0135

ラオスに入ったとたん、道も悪くなったなぁ〜。
1時間でパークセー着。

Cimg0140

ここからチャンパーサックへ。バス20000キープ(232円)
バスに乗り込んで出発を待つが、なかなか出発する気配がない。

バスの通路は荷物が積み上げられていて、上を歩いて移動する。
ひよこも荷物として積まれているらしく、ピヨピヨピヨピヨ鳴き声がする。
麻袋に入っているみたいで、姿はみえないけど…。


Cimg0137

バスの天井にはファンが回っている。

Cimg0151

パークセーに着いたのは10時20分頃。
お腹がすいたので、
ラオス名物ガイヤーン(鶏の炭火焼)6000キープ(70円)
旨〜い♪

Cimg0143

ワッフル1000キープ(12円)
甘ーくて、薄ーいワッフル。

Cimg0145

バゲット5個、5000キープ(58円)
中にひき肉と細ーいネギみたいのが入っている。
ラオスのパンはやっぱ美味しい♪

Cimg0149

うずらのゆで玉子1000キープ(12円)

Cimg0150

バスに乗っていると、
ランドローバーに乗ったお兄さんがチャムパーサックまで
70000キープだよ〜乗らない?と声をかけてきた。
もうバスに乗ってるし、断ったが
…このバス、けっこう大変だった…。

バスに乗っているのは、おばさんたち数人。
バスの中で、おばさんたち3人がタバコをすぱすぱ吸っていたら、
運転手らしき人に注意されていた。
「ノースモーキング!」って英語でも言ってたけど
外国人の私の手前、そういったみたい。

運転手さん苦笑い。
おばさんたちも笑って、たばこは吸い続けてたよ〜

やっとバスが出発したのは、1時間後。

道はご覧の通り。

Cimg0174

がたがた道、ゆれる〜。土埃がすごーい

道ばたには水牛が。

Cimg0180_2


隣の席が大変なことになっている!
バスの屋根に積んだ、灯油かガソリンか、はたまた水か、
液体がジャバジャバ流れてきて、
窓も開いてるのでカーテンが液体まみれ…
おばさんは席をちょっとずれただけ。
ガソリンくさいんだけど…
途中ガソリンスタンドで、灯油缶みたいの何本か入れて
積んでたやつじゃないのかな…
かなり屋根から落ちてきていたから、1缶カラになったのではないだろうか。

Cimg0171

ガタガタ道を土煙にまみれて2時時、やっとチャンパーサック着。
これで予定通り、今日ワット・プーに行けそうだ~。

宿はスタッチーゲストハウス
ファンの部屋 50000キープ(580円)

Imgp0339

Cimg0493

宿にいたトゥクトゥクの運転手が声をかけてきた。
「ワット・プーに行くの?」
ちょっとまけてもらって9ドル。
手持ちのキープが少なかったので、ドル払い。
チャンパーサックに来ただけで疲れちゃって、あまり値切る元気がないから、
いーや、この値段で。
自転車で1時間らしいけど、この炎天下自転車はつらい。

ワット・プーに続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ旅行-1

今回のタイ旅行は、チャイナエアーで台北経由。
チャイナエアーはNWのマイレージがつくんだ〜!
知らなかった〜しまった! 
以前チャイナエアーでベトナム行ったときマイレージ
つけるんだった〜wobbly

成田〜台北の機内食。
Cimg0017

台湾ビールかと思ったら、サッポロだった。

Cimg0024

台北でトランジット。

台北〜バンコクの機内食。
Cimg0032

夜中1時過ぎ、やっとバンコク着!
空港のATMが日本語も表示されるようになっていてビックリ〜!

到着階の下、1F出て左端にバス乗り場があります。

Cimg0036

無料シャトルバスでバスターミナルへ。
551番バスでビクトリーモニュメントまで。

Cimg0038
Cimg0040

バス 34バーツ(95円)
バスも以前に比べてきれいになったなぁ〜
料金も高くなったけど。

ビクトリーモニュメントでバスを待っている間、ゴキブリが…
私の方に向かってやってくる、ぎゃ〜っsign03
29番のバスに乗り換え、ファラムポーン駅へ。
ああ、もう3時だ〜

Cimg0042

29番バス代駅まで12バーツ(33円)

列車でウボンラチャタニに行こうと思ったら…
な〜んと、列車は満席!
急行もとれず、しかも3等…。
この時期エアコンなしはツライなぁ〜

帰りの夜行列車も予約したけど、エアコンは取れず
ファンのみ…

そんなわけで、列車はあきらめ
タクシーとばして、北バスターミナルへ!
タクシー代50バーツ(140円)

ウボンまでバス代385バーツ(1080円)
10時間といいつつ、12時間近くかかりました〜

バスターミナルの食堂で食べたバーミーナーム(タイ風ラーメン)
35バーツ(98円)もしたのに、激マズ!!
麺が茹っていない〜。こんなマズいバーミー初めてwobbly


Cimg0054


バス停車中、物売りがやってきます。
カオニャオ(餅米)と豚肉セットが20バーツ(56円)
これが旨い〜!

Cimg0061


Imgp0016


なぜか、10時くらいに休憩所で1時間半も止まっていて、
こんなんで定時に着くのか〜?
と思ったら、その後
休憩はほとんどなくて、トイレにも行けないよ〜

12時間近くかかって、やっとウボンに着。
バスターミナルからホテルまで、
ソンテウ(貨物用トラックの荷台の両側に
ベンチシートを取り付けて、
屋根をのせた車)で。

Cimg0066

ソンテウのおじさん、とてもいい人!
でもタイ語しかできなかったので…
途中ソンテウが止まった〜と思ったら
英語のできるポリスに行き先を確認してくれ
無事ホテルまで連れて行ってくれました。

初めポリスに尋問〜?とかビックリしたけど
ただたんに行き先確認してくれただけみたい。

ソンテウ 10バーツ(28円)

ホテルニューイサーン2
エアコン、ツイン部屋で350バーツ(980円)
Cimg0093

蚊がいて、たくさん刺され熟睡できなかった〜
虫除けして、やっと眠れました。
蚊取り線香持って行ったから、つければよかった〜
最近激安のホテルには泊まれない体になってしまいました。
やっぱエアコン付きがいいわ〜


夕食は、もちろんソムタム!(青いパパイヤのサラダ)

Cimg0073

Cimg0080
ソムタム25バーツ(70円)
ビール55バーツ(154円)

揚げ春巻き30バーツ(84円)
Cimg0081

なんと揚げ春巻きには、大量のサラダがついていて

Cimg0083_2

これを渡されたとき、量におどろいて落としちゃったの〜
屋台のお兄さんが、も一度盛りなおしてくれました。
でも、こんなに食べれないよ〜

サテ(串焼き)豚の串焼き10本30バーツ(84円)
ピーナツ風味のタレをつけて食べます。

Cimg0085

Cimg0087_2

いや〜、もう腹一杯
ニューイサーンホテル前の市場の屋台にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイから戻りました〜!

昨日、早朝6時ちょい過ぎ起きでバンコクの
ホテルを出発し、台北経由の中華航空で帰国!

成田の検疫が、ちょっと並んで時間がかかりましたbearing

家にたどり着いたのは、夜中の12時過ぎ…。
経由だと時間がかかるわ〜coldsweats02
今日は一日、寝て過ごしました…。

タイでは風邪をひかないように、健康に気を使いましたよ〜。
毎日コレ↓飲んでました

Cimg1184

レッドブル、リボDみたいなスタミナドリンクです。
10バーツ(28円)

味も似てます。
日本でも缶入りが売ってますね〜

ちょっと喉の調子が悪いかな〜? と思って
用心には用心で、いちおう保健所に連絡したら、
タイ帰りなら検査の必要はないそうです。
今は、とても元気です。

| | トラックバック (0)

タイへ

インフルAがフェーズ5というのに…
タイに行ってきます。
電車の中からマスクして、手洗いうがいをかかさず
…気をつけます。
赤と黄色の服も着ないように…。

保健所の電話もメモりました。
とりあえず、タイはまだ感染者が出ていないので
空港と飛行機の中が心配です…


↑去年行ったタイのレストランにて。
ちょっとわかりずらいけど
野菜炒めを飛ばして、皿で受けとめる
フライングベジタブルの動画です。
Cimg0424
↑コレを投げています

観光客が、派手な衣装をつけて
野菜炒めをキャッチ。
盛り上がってました。


屋台で見かけた、カブトガニ。
美味しいのかなぁ?
食べる勇気がありませんでした…

Cimg0580_2


大好きなマンゴータンゴのデザート♪
タイでまた食べたい〜

Cimg0535_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港、深センの食いだおれ-3

翌日、早朝7時から飲茶♪
新緑洲点心王茶楼にて。

Cimg0226

海老プリプリ♪
美味しい〜
金魚の形をしています。

Cimg0218

色がキレイ。ほうれん草の蒸し餃子。

Cimg0227
Cimg0229

やっぱり大好きな小龍包も食べたい。
Cimg0230
お茶もたのんで、点心3つで40元(520円)


お昼は、またもディンタイフォン(鼎泰豊)

おろしニンニクのきいているキュウリの和え物 8元(100円)
ビールによくあいそう。
Cimg0241

小龍包21元(270円)

Cimg0242

海老入り焼売20元(260円)
これも旨い!
Cimg0243
Cimg0249

香港に戻って、
ターンタ(エッグプリン)1個5元(63円)

Cimg0290
やっぱり、これも食べなきゃ。

夜は男人街で
コレ↓ おこげの部分が美味しい!
豚肉の釜飯18元(225円)
Cimg0317

Cimg0310_2

Cimg0311


香港の某オタクビルでこんなの買いました。

Cimg0341
よくできてる〜♪

翌日、早朝発のNWで帰国〜
機内食↓
Cimg0334


食べてばかりの旅でした。
この他、糖朝やビール飲んだり…
ここみてね!


この時は二人旅だったのですが、
もっと人数多いと、飲茶の種類がいろいろ食べれるのになぁ〜。

| | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »