« タイ旅行-1 | トップページ | タイ旅行-2.5 ワット・プーへ(ラオス) »

タイ旅行-2  ウボン〜チャンパーサック

ついに、タイにも新型インフルエンザ感染者が!
メキシコから帰国したタイ人で、もう回復している
らしいですが、渡航注意が出てしまいました。
デモの後、渡航注意の前で、いい時期旅行できたのかな。


↓旅行記続き〜

今日はラオスに入国して、チャンパーサックへ行き
世界遺産ワット・プーを観光するという、
ハードスケジュールの予定。
なので、朝4時半起き。まだ暗いよ〜。

泊まったホテルが市場の前なので、こんな時間でも
活気があって、けっこうにぎやか。

できればラオスまで行く直行の国際バスに乗れれば
楽なんだけど〜。
昨日、バスでウボンに着いたとき、
バス停できいたところによると、
直行バスは朝9時半発。
情報によると7時のバスがあるはずなんだけど、
変わっちゃったみたい。

9時半発じゃ、遅すぎ〜!
しかたないのでバスをいくつか乗り継いで行く事に。

トゥクトゥクでウボンの北バスターミナルへ。

Cimg0097

Imgp0040

バスでピブン・マサハーンへ。
35バーツ(98円)

Imgp0045

その前にちょっとトイレ↓
3バーツ(8円)

Imgp0043

バスは5時20分くらいに出発〜!
このぶんだと早めにラオスに入国できるかな♪
…と、思っていたら
バスは、しばらく町中を走り、市場で止まってしまった。

Cimg0106

「え?もう着いたの?」
このバスの運転手さん、ちょこっと日本語を話せて
「ワーリン・チャムラープ市場です。しばらく止まります」
って…言うじゃな〜い。
出発は6時半だって。あと、40分後〜!?
せっかく早起きしたのに…ガックリ。


バスが走り出したら50分でビブン着。
ここでソンテオに乗り継ぎ国境のチョンメックへ。
40バーツ(112円)
ソンテウは10分と待たずに出発。

Cimg0113

Cimg0115

ソンテウの中には、コップと水が置いてあって
誰でも自由に飲みことができます。
緑の入れ物の中が水。
コップは洗わず使い回し。
中東あたりだと、素焼きの水瓶なんだけど。

さすがに、この水は飲めないな…。
いくら現地の人が飲んでても、腹壊したらイヤだし…。
肝炎とかなりたくないし。

Cimg0120


40分くらいで、国境チョンメック着。

国境付近のため、途中何度も検問あり。

うぉ?
ソンテウの運転手さん、検問でポリスに
お金渡してる~。いくらわたしてるんだ?

150バーツ(50と100バーツ札)をくるくるっとまるめて
少なくとも2回はポリスに、こっそり150バーツ渡しているのを目撃。

検問の度に渡してる〜。
計4回以上はいくらか渡していたよ〜。
おかげで時間をとられず、スムーズに移動できたけど、
袖の下、一回150バーツ(450円)って
タイの物価からしたら、高くないか〜?

ここから歩いて国境を越えラオスのワンタオへ!

Cimg0122

Cimg0545

道の脇には、店屋が連なっています。

Cimg0124

この建物をめざして歩きます。
イミグレはこの建物ではなくて、脇にあるココ↓

Cimg0551

タイ出国のスタンプを押してもらって、
小道を通って、ラオス入国へ。
↓この写真は、帰りに撮ったものなので
左がラオスからタイ入国。
右がタイからラオスへ。
 
Cimg0543

ここがイミグレ。ラオス入国。
窓口の中に置いてある入国カードをもらって記入。

Cimg0542

パスポートと入国カードを渡すと
「50バーツ」

観光で15日以内の滞在であればビザは不要になったんだけど…。
土日だと手数料取られるらしいけど…
今日は平日だし…
これはポケットマネーになるのか…?

払わないで入国させてくれなかったら困るので、
払いましたよ50バーツ。

両替所でラオスキープに両替。

Cimg0538

さらに歩くとワンタオのソンテウ乗り場。

Cimg0536

ワンタオからパークーセまで15000キープ(174円)。
ソンテウは混み混み〜ッ!!

うわ〜!荷物少なめでよかった〜。
大きなバックパックじゃ絶対無理。

ソンテウはすぐ出発。
混み混み〜!
と思ったら、さらに人が乗ってきた。

ラオスのソンテウはタイと違って
真ん中に狭いベンチシートがあり、
座席が3列になっていて、
ギュウギュウ詰め…。身動きとれません。


あとから乗り込んできた人の中に、
目のとこだけ開いてる青い毛糸のマスクをかぶった人が2人、
黒い毛糸が1人。
うわっ。ちょっと恐〜!
なんで、この暑いのに毛糸のマスク?
小バエが多いから?
砂ぼこり対策?
日よけ?
…ゲリラ?
いや〜ん!よくわからないけど、
こわいから目を合わせるのはやめよう。

しばらくすると毛糸たち御一行は降りて行った〜。

Cimg0127

右手に大きな山。
女性の仰向け姿のような山!

メコン川↓

Cimg0135

ラオスに入ったとたん、道も悪くなったなぁ〜。
1時間でパークセー着。

Cimg0140

ここからチャンパーサックへ。バス20000キープ(232円)
バスに乗り込んで出発を待つが、なかなか出発する気配がない。

バスの通路は荷物が積み上げられていて、上を歩いて移動する。
ひよこも荷物として積まれているらしく、ピヨピヨピヨピヨ鳴き声がする。
麻袋に入っているみたいで、姿はみえないけど…。


Cimg0137

バスの天井にはファンが回っている。

Cimg0151

パークセーに着いたのは10時20分頃。
お腹がすいたので、
ラオス名物ガイヤーン(鶏の炭火焼)6000キープ(70円)
旨〜い♪

Cimg0143

ワッフル1000キープ(12円)
甘ーくて、薄ーいワッフル。

Cimg0145

バゲット5個、5000キープ(58円)
中にひき肉と細ーいネギみたいのが入っている。
ラオスのパンはやっぱ美味しい♪

Cimg0149

うずらのゆで玉子1000キープ(12円)

Cimg0150

バスに乗っていると、
ランドローバーに乗ったお兄さんがチャムパーサックまで
70000キープだよ〜乗らない?と声をかけてきた。
もうバスに乗ってるし、断ったが
…このバス、けっこう大変だった…。

バスに乗っているのは、おばさんたち数人。
バスの中で、おばさんたち3人がタバコをすぱすぱ吸っていたら、
運転手らしき人に注意されていた。
「ノースモーキング!」って英語でも言ってたけど
外国人の私の手前、そういったみたい。

運転手さん苦笑い。
おばさんたちも笑って、たばこは吸い続けてたよ〜

やっとバスが出発したのは、1時間後。

道はご覧の通り。

Cimg0174

がたがた道、ゆれる〜。土埃がすごーい

道ばたには水牛が。

Cimg0180_2


隣の席が大変なことになっている!
バスの屋根に積んだ、灯油かガソリンか、はたまた水か、
液体がジャバジャバ流れてきて、
窓も開いてるのでカーテンが液体まみれ…
おばさんは席をちょっとずれただけ。
ガソリンくさいんだけど…
途中ガソリンスタンドで、灯油缶みたいの何本か入れて
積んでたやつじゃないのかな…
かなり屋根から落ちてきていたから、1缶カラになったのではないだろうか。

Cimg0171

ガタガタ道を土煙にまみれて2時時、やっとチャンパーサック着。
これで予定通り、今日ワット・プーに行けそうだ~。

宿はスタッチーゲストハウス
ファンの部屋 50000キープ(580円)

Imgp0339

Cimg0493

宿にいたトゥクトゥクの運転手が声をかけてきた。
「ワット・プーに行くの?」
ちょっとまけてもらって9ドル。
手持ちのキープが少なかったので、ドル払い。
チャンパーサックに来ただけで疲れちゃって、あまり値切る元気がないから、
いーや、この値段で。
自転車で1時間らしいけど、この炎天下自転車はつらい。

ワット・プーに続く

|

« タイ旅行-1 | トップページ | タイ旅行-2.5 ワット・プーへ(ラオス) »

タイ」カテゴリの記事

ラオス」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165897/44994814

この記事へのトラックバック一覧です: タイ旅行-2  ウボン〜チャンパーサック:

« タイ旅行-1 | トップページ | タイ旅行-2.5 ワット・プーへ(ラオス) »